menu
閉じる
  1. 禁煙パイポでタバコをやめる!
  2. ザイバンでタバコをやめる!
  3. 禁煙外来に通ってタバコをやめる!
閉じる

ニコレットジェネリックのニコテックスで禁煙!

生活習慣の1つに、なかなかやめることができないものとしてタバコがあります。
やめたい場合に用いられる方法としては、代表的なものとして医療機関への通院があり、ここでは、医師の指導に沿って禁煙を進めていくことになります。
一方、自分でも手軽に行える方法もあり、中でもニコチン置換療法(NRT)は広く利用されています。

ニコチン置換療法は、体がニコチンを補充しようとした場合に、禁煙補助剤を摂取することでニコチン不足による症状を解消し、徐々にタバコをやめる方法です。
この方法は、タバコを吸っている時に比べてニコチンの吸収速度が穏やかになり、禁煙などに比べ、その成功率が約2倍とも言われています。

ニコチン置換療法で広く利用されているものに、スウェーデンのファルマシア社(現マクニール社)によって開発されたニコレットがあります。
日本には1994年に医療用禁煙補助剤として導入されており、その後、2001年には一般用医薬品として販売が開始されています。
難点としては、どうしても価格が高いことがあり、この場合、ニコテックスを使用することで出費を抑えることができます。

ニコテックスは、ニコレットのジェネリック製品として、インドのシプラ社によって開発・販売が行われています。
商品はニコテックス2mgとニコテックス4mgの2つがあり、それぞれ内容量は1箱につき30錠となります。
治療達成期間はニコレット同様約12週間になっており、大切なことは、定められた用法・容量を守ることがあります。

ニコテックスはニコチンを主成分としてできており、タバコに含まれるニコチンを喫煙以外の方法で摂取をすることで効果を得ることができます。
使用方法は、まず、タバコを吸いたいと感じたときにニコテックスを1回に1個ゆっくり噛みます。
ピリッとした味があるまで15回程度噛み、次に、頬と歯茎の間に味がなくなるまで挟むようし1分以上そのままにします。
その間に粘膜からニコチンが吸収されることになり、30分~60分程度を繰り返します。
ポイントとしては、徐々に使用する回数を減らしていくことがあり、意識的に行うことが大切になります。

ニコテックスの入手方法と価格

ニコレットジェネリックのニコテックスの入手方法は、個人輸入を用いることになります。
個人輸入は、日本ではまだ出回っていいないジェネリック製品等の購入に広く利用されており、最大のメリットは、より安い価格で購入できることがあります。
注意点としては、大きく、1回に注文できる個数に制限があること、代行業者の信頼性、あくまでも自己責任になることの3点を挙げることができます。

入手方法として個人輸入を利用する場合に、心配な点として違法性の問題があります。
まず、分類で見た場合には処方箋医薬品に該当し問題はありません。
次に、分量に関しては1ヶ月以内の使用量であれば輸入可能であり、具体的には、2mgであれば一度に360錠まで、4mg錠に関しても同数の量が可能になります。
厚生労働省では、1月30日分として換算しており、ニコテックスの場合は成人性別問わず、2mg、4mgともに1日12錠となるため、x30日で360錠となります。

価格は代行業者によって異なるものの、大きな違いは無く、1例を挙げれば、ニコテックス2mgの場合、単品(9錠入)1,280円で購入をすることができます。
ここでは、まとめ買いで安く購入をすることができ、2箱(18錠入)1,690円、3箱(27錠入)2,012円、5箱(45錠入)2,562円、7箱(63錠入)3,202円、12箱(108錠入)4,480円、24箱(216錠入)では7,480円で販売されています。
また、4mgでは単品(9錠入)が1,680円で販売されており、まとめ買いでは、2箱2,218円、3箱2,641円、5箱3,362円、7箱4,203円、12箱5,980円、24箱が9,480円となっています。

関連記事

  1. チャンピックス

    チャンピックスでタバコをやめる!

  2. 禁煙パイポでタバコをやめる!

  3. ザイバンでタバコをやめる!

  4. ニコレットとニコレットガム

    ニコレットでタバコをやめる!

  5. 禁煙外来に通ってタバコをやめる!

おすすめ記事

  1. 禁煙パイポでタバコをやめる!
  2. 禁煙外来に通ってタバコをやめる!
  3. ザイバンでタバコをやめる!
  4. ニコレットジェネリックのニコテックスで禁煙!
  5. ニコレットでタバコをやめる!

カテゴリー

ページ上部へ戻る