menu
閉じる
  1. 禁煙効果とは?禁煙のメリット
  2. 禁煙パッチでタバコをやめる!
  3. ザイバンでタバコをやめる!
  4. 禁煙パイポでタバコをやめる!
  5. 禁煙すると太ると言われている理由
  6. 実際どうなの?タバコと肺がんの関係
  7. 禁煙外来に通ってタバコをやめる!
閉じる

実際どうなの?タバコと肺がんの関係

タバコの煙には200種類以上にも及ぶ有害物質が含まれており、その中の50種類以上は発がん性物質です。
特に、肺がんとは密接な関係があることが判明しており、喫煙者の発症リスクは非喫煙者の10倍以上高くなることが欧米では報告されています。

しかし日本の場合は欧米ほど喫煙者の発症リスクが高くならないことが知られており、肺がんの原因にならないという説も唱えられています。
これは、喫煙率が下がっているにも関わらず肺がんの死亡者数が増加しているということが根拠となっています。

ちなみに具体的な数字としては、喫煙率が1966年に83.7%だったのが2011年には33.7%にまで下がっているのに対して、肺がんによる死亡者数は1958年の2919人から2010年の50395人と増える一方となっています。

このような数字だけをみると、タバコと肺がんには直接関係がないのではないかと考えてしまいがちですが、実はこのデータは完全なものではありません。
それは、1950年代や1960年代と2010年代とでは日本人の年齢構成が大きく変化しているからです。
がんは、年齢を重ねるにつれて発症する頻度は高くなるので、高齢者が多いということは死亡する人数もそれだけ多くなるということです。

ちなみに、年齢構成を補正した肺がん年齢調整死亡率によると、1996年をピークとして減少へと転じています。
これは、この年の30年前の1966年が喫煙率のピークだったことが関係していると考えられています。
つまり、喫煙率のピークの30年後に死亡率のピークがきたということで、喫煙率の低下に伴い死亡率も低下するということです。

また、男女の肺がんによる死亡者数の違いもタバコとの関係性を証明するうえでの重要な資料となります。
ちなみに2016年の肺がんによる死亡者数は、男性が52430人だったのに対して女性は半分未満の21408人です。
これらのことから、日本でも喫煙は肺がんリスクを高める大きな要因であることが確実といえます。

タバコが引き起こすその他の疾患とは

タバコは、肺だけではなく口腔がんや咽頭がんとも密接に関係していることが明らかとなっています。
これは、タバコの煙を吸い込むと口の中や咽頭を通って肺へと到達するためです。
ちなみに、喫煙者の口腔がんの発症率は非喫煙者の7倍で、咽頭がん患者の喫煙率は実に97%にも達しています。

また、タバコにより引き起こされるのはがんだけではありません。
近年、医療機関によるアプローチが本格的に開始されている多くの症状にも関係していると考えられています。
具体的には、満足に性行為を行えない状態を示すEDや生え際から頭頂部にかけての部分が薄毛になるAGAが該当します。

まず、タバコによりEDになるのは、ニコチンによる血管を収縮する作用や老化の原因物質活性酸素が生産されてしまうことが原因と推測されています。
ちなみに、非喫煙者と比較すると1日にタバコを11~20本吸う人は1.5倍、21本以上吸う人は1.65倍もEDのリスクが高くなります。
また、現在の成人男性の喫煙率が約30%なのに対して、EDに悩んでいる人の喫煙率は約40%と高いということも両者の関係性を示しています。

次に、AGAに関しては発症にはホルモンや遺伝が関係しているので喫煙が第一の要因とまでは言い切れませんが、髪の毛に対してマイナスの作用を及ぼすのは間違いのないところです。
特に、髪の毛の生え変わりやコラーゲンの生成に関与しているビタミンCを大量に消費してしまうのは大きなダメージとなります。

さらに、髪の毛は睡眠中に成長するのですが、ニコチンには脳を覚醒する作用を発揮するので不眠の原因となります。
不眠になると髪の毛の成長は当然阻害されるので、抜け毛の増加や薄毛の進行という結果に繋がります。
このように、タバコは健康や美容に様々なデメリットをもたらしてしまいます。

関連記事

  1. 禁煙効果とは?禁煙のメリット

  2. 禁煙すると太ると言われている理由

おすすめ記事

  1. 実際どうなの?タバコと肺がんの関係
  2. 禁煙すると太ると言われている理由
  3. 禁煙効果とは?禁煙のメリット
  4. 禁煙パッチでタバコをやめる!
  5. 禁煙パイポでタバコをやめる!
ページ上部へ戻る