menu
閉じる
  1. 禁煙効果とは?禁煙のメリット
  2. 禁煙外来に通ってタバコをやめる!
  3. ザイバンでタバコをやめる!
  4. 禁煙パッチでタバコをやめる!
  5. 禁煙パイポでタバコをやめる!
  6. 禁煙すると太ると言われている理由
閉じる

禁煙外来に通ってタバコをやめる!

いま、禁煙ブームとも言われています。
その背景には、タバコの値上がりというのもあり、お財布事情のこともありますし、健康志向が高まっていて、将来的な病気のリスクを考えてやめる方、また喫煙できる場所がそもそも減っていて、肩身の狭い思いをしているということもあります。

タバコをやめるといっても、吸わない方には分からないかもしれませんが、喫煙期間が長ければ長いほど、それが習慣化していることもありますし、ニコチンには依存性もありますので、急にやめてしまうことで禁断症状が出てしまったり、ストレスもたまります。
中には意志でやめられたという方もいるかもしれませんが、禁煙しては失敗して、ということを繰り返している方も実際にはとても多いです。

タバコは百害あって一利なしと言われていますし、やめようと思った時がチャンスです。
その止め方として今注目されているのが禁煙外来に通うという方法です。
お医者さんに診察をしてもらい、自分にあった薬を処方してもらうことで、無理をしない形で最終的に禁煙というところにたどり着くということです。

タバコには色々なリスクがあります。
それをわかっていてもニコチンの影響でまた吸いたくなるというスパイラルがありますので、意志だけではやめられないこともあります。
まずはそのリスクをよく知ることから始めていきましょう。
様々な癌の発症率を高めるだけではなく、高血圧、動脈硬化、メタボリックシンドローム、糖尿病、骨粗しょう症、うつ病、ストレス、脳卒中などのリスクがあります。

さらに、妊娠中にも影響がありますし、冷え症にも影響があります。
喫煙することによって、周りの人にも副流煙で迷惑をかけてしまったり、さまざまなリスクがありますし、身体だけではなく経済的な負担というのも大きくかかります。
タバコをやめたら何が出来ると考えると、旅行に行けたり、おいしいものを食べられたりと、実はかなりいろいろなことができます。

禁煙外来は総額いくらになるか

タバコをやめる方法として、今注目されているのが禁煙外来の存在です。
ここ数年でとても増えている外来なのですが、医師の診察を受けたうえで、相談しながら禁煙予定を立てていき、今までの喫煙状況をもとに、薬を処方してもらいます。
パッチであったり、服用する薬もあります。

ちなみに、禁煙外来を受診して、禁煙までにかかる総額としては平均13000から20000円程度といわれています。
もちろん平均の総額ですので、これよりもかからない場合もかかる場合もあります。
また、選択する薬の価格によっても異なります。
薬の価格も効果も違いますし、医師と相談しながら決めていきましょう。

ちなみに禁煙補助剤には、ニコチンを含まない飲み薬、ニコチンパッチ、ニコチンガムがあります。
医師が処方し、健康保険等が使えるのは、この中でニコチンを含まない飲み薬と、医療用のニコチンパッチです。

ニコチンガムと、一部のニコチンパッチは、薬局で買うことのできる一般用医薬品として取扱いされています。
自己判断で使うことができるアイテムではありますが、やはり相談しながら禁煙を進めていくことができるというのはとても心強いですし、精神的な負担も違ってきます。
一人だけで禁煙成功できた方も中にはいますが、医師と一緒に進めていくことができる禁煙外来での成功率の方がはるかに高い傾向があります。

禁煙外来にかかる総額が13000円から20000円と聞いて、通常の病気の治療のことを考えると高いと感じる方もいるかもしれません。
しかし、タバコはひと箱400円以上するものがほとんどで、さらに毎日吸っていれば2ヶ月もすればそれよりも高くなってしまいますので、それを考えると今後のことも考えれば安いものです。

関連記事

  1. 禁煙パイポでタバコをやめる!

  2. ニコレットジェネリックのニコテックスで禁煙!

  3. チャンピックス

    チャンピックスでタバコをやめる!

  4. ニコレットとニコレットガム

    ニコレットでタバコをやめる!

  5. ザイバンでタバコをやめる!

  6. 禁煙パッチでタバコをやめる!

おすすめ記事

  1. 禁煙すると太ると言われている理由
  2. 禁煙効果とは?禁煙のメリット
  3. 禁煙パッチでタバコをやめる!
  4. 禁煙パイポでタバコをやめる!
  5. 禁煙外来に通ってタバコをやめる!
ページ上部へ戻る